FC2ブログ

Jetson nanoでAzure IoT Hub SDK でAzure対応IoTデバイスの開発

Jetson Nano

Jetson Nano Moduleメイン機能
●Jetson Nanoモジュール

128コアNVIDIA Maxwell GPU

クアッドコアARM A57 CPU

4 GB 64ビットLPDDR4

10/100/1000BASE-Tイーサネット

Jetson Nano Module仕様

GPU:128コアのMaxwell

CPU:クアッドコアARM A57@ 1.43 GHz

メモリ:4 GB 64ビットLPDDR4 25.6 GB/s

ストレージ:microSD(別売)

ビデオエンコーダ:4K @ 30 | 4x 1080p @ 30 | 9x 720p @ 30(H.264 / H.265)

ビデオデコーダー:4K @ 60 | 2x 4K @ 30 | 8x 1080p @ 30 | 18x 720p @ 30 |(H.264/H.265)

カメラ:MIPI CSI-2 DPHYレーンx 2

接続性:ギガビットイーサネット、M.2 Key E

ディスプレイ:HDMI 2.0およびeDP 1.4

USB:4x USB 3.0、USB 2.0 Micro-B

その他:GPIO、I2C、I2S、SPI、UART

サイズ:100 mm x 80 mm x 29 mm


Jetson Nano 応用製品


AAEON 組込小型PC AIエッジ向け NVIDIA Jetson Nano搭載 USB3.2×4, RS232×2, Linux Ubuntu18.04対応, MicroSD 32GB搭載モデル BOXER-8221AI-A2-AC

新品価格
¥75,075から
(2021/3/18 00:46時点)





Azure IoT Hub SDK Linuxでの開発方法リンク


https://github.com/Azure/azure-iot-sdk-c/blob/master/doc/devbox_setup.md#linux


Linuxのアップデート
sudo apt-get update

必要な環境などのインストール
sudo apt-get install -y git cmake build-essential curl libcurl4-openssl-dev libssl-dev uuid-dev

cmakeバージョンは2.8.12 以上であることを確認する
cmake --version

gccバージョンは4.4.7 以上であることを確認する
gcc --version

githubからアプリケーションをダウンロード
git clone -b https://github.com/Azure/azure-iot-sdk-c.git
今回は以下のように設定する。
git clone -b LTS_07_2020_Ref01 https://github.com/Azure/azure-iot-sdk-c.git


azure-iot-sdk-cフォルダに移動
cd azure-iot-sdk-c

モジュールのアップデート
git submodule update --init

azure-iot-sdk-cフォルダに移動
cd azure-iot-sdk-c

C SDKをビルドする。

cmake をフォルダ作成
mkdir cmake

cmake フォルダへ移動
cd cmake


cmake ..

ビルドの実行
cmake --build . # append '-- -j ' to run jobs in parallel

nanoでエディタの起動
nano azure-iot-sdk-c/iothub_client/samples/iothub_convenience_sample/iothub_convenience_sample.c


Microsoft Azure IoTHubチュートリアル:シミュレートされたデバイスを使用して IoT ハブとの接続をテストする。
で接続文字列の取得する。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/tutorial-connectivity

[device connection string]を IoTHubの接続文字列に置き換える。
static const char* connectionString = "[device connection string]";

./azure-iot-sdk-c/cmake/iothub_client/samples/iothub_convenience_sample
cd ./azure-iot-sdk-c/cmake/iothub_client/samples/iothub_convenience_sample

メイク
make

iothub_convenience_sampleを実行する。
./iothub_convenience_sample




続きを読む

テーマ : Raspberry Pi
ジャンル : コンピュータ

ASUS Tinker Board SでAzure IoT Hub SDK でAzure対応IoTデバイスの開発

Tinker Board S


Azure IoT Hub SDK Linuxでの開発方法リンク
https://github.com/Azure/azure-iot-sdk-c/blob/master/doc/devbox_setup.md#linux


Linuxのアップデート
sudo apt-get update

必要な環境などのインストール
sudo apt-get install -y git cmake build-essential curl libcurl4-openssl-dev libssl-dev uuid-dev

cmakeバージョンは2.8.12 以上であることを確認する
cmake --version

gccバージョンは4.4.7 以上であることを確認する
gcc --version

githubからアプリケーションをダウンロード
git clone -b https://github.com/Azure/azure-iot-sdk-c.git
今回は以下のように設定する。
git clone -b LTS_07_2020_Ref01 https://github.com/Azure/azure-iot-sdk-c.git


azure-iot-sdk-cフォルダに移動
cd azure-iot-sdk-c

モジュールのアップデート
git submodule update --init

azure-iot-sdk-cフォルダに移動
cd azure-iot-sdk-c

C SDKをビルドする。

cmake をフォルダ作成
mkdir cmake

cmake フォルダへ移動
cd cmake


cmake ..

ビルドの実行
cmake --build . # append '-- -j ' to run jobs in parallel

nanoでエディタの起動
nano azure-iot-sdk-c/iothub_client/samples/iothub_convenience_sample/iothub_convenience_sample.c


Microsoft Azure IoTHubチュートリアル:シミュレートされたデバイスを使用して IoT ハブとの接続をテストする。
で接続文字列の取得する。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/tutorial-connectivity

[device connection string]を IoTHubの接続文字列に置き換える。
static const char* connectionString = "[device connection string]";

./azure-iot-sdk-c/cmake/iothub_client/samples/iothub_convenience_sample
cd ./azure-iot-sdk-c/cmake/iothub_client/samples/iothub_convenience_sample

メイク
make

iothub_convenience_sampleを実行する。
./iothub_convenience_sample


続きを読む

Raspberry Pi3+でAzure IoT Hub SDK でAzure対応IoTデバイスの開発(自分の備忘録)

仕事でAzureを使ってIoTをやっているのでその備忘録として書いてみた。
AzureのIoThubという、クラウド側のゲートウェイでデータを送るときの開発方法を紹介する。
ラズパイなんかはIoT始めるのに手頃なので是非ラズパイを買って試してみると良い。

RaspberryPi3+


Azure IoT Hub SDK Linuxでの開発方法リンク
https://github.com/Azure/azure-iot-sdk-c/blob/master/doc/devbox_setup.md#linux


Linuxのアップデート
sudo apt-get update

必要な環境などのインストール
sudo apt-get install -y git cmake build-essential curl libcurl4-openssl-dev libssl-dev uuid-dev

cmakeバージョンは2.8.12 以上であることを確認する
cmake --version

gccバージョンは4.4.7 以上であることを確認する
gcc --version

githubからアプリケーションをダウンロード
git clone -b https://github.com/Azure/azure-iot-sdk-c.git
今回は以下のように設定する。
git clone -b LTS_07_2020_Ref01 https://github.com/Azure/azure-iot-sdk-c.git


azure-iot-sdk-cフォルダに移動
cd azure-iot-sdk-c

モジュールのアップデート
git submodule update --init

azure-iot-sdk-cフォルダに移動
cd azure-iot-sdk-c

C SDKをビルドする。

cmake をフォルダ作成
mkdir cmake

cmake フォルダへ移動
cd cmake


cmake ..

ビルドの実行
cmake --build . # append '-- -j ' to run jobs in parallel

nanoでエディタの起動
nano azure-iot-sdk-c/iothub_client/samples/iothub_convenience_sample/iothub_convenience_sample.c


Microsoft Azure IoTHubチュートリアル:シミュレートされたデバイスを使用して IoT ハブとの接続をテストする。
で接続文字列の取得する。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/tutorial-connectivity

[device connection string]を IoTHubの接続文字列に置き換える。
static const char* connectionString = "[device connection string]";

./azure-iot-sdk-c/cmake/iothub_client/samples/iothub_convenience_sample
cd ./azure-iot-sdk-c/cmake/iothub_client/samples/iothub_convenience_sample

メイク
make

iothub_convenience_sampleを実行する。
./iothub_convenience_sample




続きを読む

RaspberryPiのヒートシンク再考

FLIRCのRaspberryPiケース
ケースとヒートシンクが一体になっているので放熱効率が高い。
あと、粘土高めのPC用CPUグリスを塗ればよいかな。

RaspberryPi4用

Flirc Raspberry Pi 4ケース メタリック FL-70462





Raspberry Pi 4 Model B (4GB) made in UK ラズベリーパイ4





RaspberryPi3/3+用

Flirc Raspberry Pi用ケース 第2世代





Kodi エディション Raspberry Piケース





UD-RP3BP UD-RP3BP [Raspberry Piメインボード Bluetooth、Wi-Fi対応]







粘度高めのやつ。

Thermalright TFシリーズ 熱伝導性13.8W/m-kの高性能CPUグリス TF8 Thermal Paste 2g





粘度高めで、熊グリスという通称で有名な奴。

Thermal Grizzly CPUグリス オーバークロック用特別設計高性能熱伝導グリス Hydronaut 1g





これ使うなら、CPUグリスと相性最も良さそう。

GeeekPi Raspberry PiファンRaspberry Pi ICEタワーCPU冷却ファンICEタワーファンRaspberry Pi 4モデルBおよびRaspberry Pi 3B およびRaspberry Pi 3モデルB(黒)




いずれ買うつもりだが、適当なケースがない。


テーマ : Raspberry Pi
ジャンル : コンピュータ

Raspberry Pi 3/3+/4のかゆいところに手が届くケース

Raspberry Pi 3/3+/4のかゆいところに手が届くケース

Raspberry Pi 3 / 3+ 用しかないのかと思ったら、Raspberry Pi 4 も売っていた。

アルミニウム製エンクロージャ付きRPiネジ留め式端子台ブレイクアウトモジュール。 Raspberry Pi 4モデルB





Raspberry Pi 4 Model B 4GB made in UK &ヒートシンク(3個)セット








CZH-LABS アルミニウムエンクロージャが付いているRPiねじターミナルブロックのブレイクアウトモジュール, for Raspberry Pi 1 2 3 Model B/B




ラズベリーパイ 開発ボード LAN-Raspberry Pi 3 Model B 【正規品】 …




残念ながらASUS Tinker Booard (eMMC非搭載)に使おうとした場合、SDカードが刺さらないため、使えない。
自力で、やすりでSDカードの取り出し口を広げて、合わせればどうにかなるだろうが。(笑)

しかーし、ASUS Tinker Booard S (eMMC搭載版)はSDカードを使わなくてよいのであれば使えそうだ。

Asus TinkerボードSクアッドコア1.8?GHz SoC 2?GB RAM 16?GB eMMCストレージGB LAN Wi - Fi & GPIO接続マザーボード







Intel NUC と Intel Myriad XでAI PCを組んでみようか!!

Intel NUC と Intel Myriad XでAI PCを組んでみようか!!

と思って、PCを調べてみた。

実はIntel Movidius Nural Computing Stick ,Intel Movidius Nural Computing Stick 2も持っているですがね。
Intel NCS/NCS2


大きいPCで組むのはだるいので、小さいPCで組めないか色々模索してきた。

UP.org でMyriad を搭載しているものやIntel Movidius Nural Computing Stick ではない方法を探していた。

UP Squared

Intel Neural Compute Stick 2 - NCS 2 ニューラル ディープラーニング USB スティック




やっぱ、内臓の方がかっこいいし、どうせなら、有名メーカーので組みたい感がある。


AAEON M.2 2280規格Movidius Myriad X 2485 x 2搭載ディープラーニング“推論”用アクセラレーター AI Core XM 2280






Intel NUCにAI CoreXが入る様だ

M.2 SSDが装着できる Intel NUCを探すと、以下がよさそうだ。

もちろん、Core i7などのCPUを使った方が全体的な処理は早いのだろうが・・・。

とりあえず、i3 でSSDはSATAで搭載できて、M.2 SSDを取り付けられるNUCを見つけると、以下のものになる。

これで、割と安いAI PCを手に入れられそうだ。

INTEL インテル Core i3-8109U M.2 SSDに対応 2.5" (9.5mm厚) HDD/SSDも搭載可能 ハイパフォーマンス小型ベアボーンキット BOXNUC8I3BEH【日本正規流通品】






Intel NUC Core i3 搭載 小型 PC ベアボーン 2.5インチ/ M.2 SSD 対応 組立キット BOXNUC7I3BNH【日本正規流通品】






AAEON ディープラーニング“推論”用アクセラレーター Movidius Myriad X 2485搭載 AI COREX




Intel movidius とIntel Real Senseがセットになったもの。

AAEON ディープラーニング“推論”用アクセラレーター Movidius Myriad X搭載AI COREXスタータキット Intel(R) Pentium(TM)N4200/8GBメモリ/64GBeMMC AI CORE X リアルセンスカメラモデル DP-UP2AI-PN4200





産業用にAAEON でMyriad Xのボードを積む専用にボード販売しているのですが、こちらは高いです。
産業用なのでしょうがないかもしれませんが。

Aaeon UPS-APLP4-A20-08128 Single Board Computer, UPSQUARE with Pentium Apollo Lake N4200.8GB DDR4, 128GB eMMC Flash



PCのヒートシンクとファンを使用した中国製謎デバイス(笑)

小型エアコンとかペット用エアコンとか言っているけど何に使うのかよくわからないデバイスを見つけた。(笑)

PCのCPU冷却用ヒートシンクやファンにペルチェをつけて、反対側にもヒートシンクとファンがついていたりとか・・・。

買う人いるのだろうか。

謎は深まるばかりである。

1個 冷却システムキット 半導体冷却システム 半導体クーラー 小型冷蔵庫用 ペットクーリング用 DC12V 半導体冷蔵庫 冷凍 冷却 DIYキット ミニエアコン 冷却効率高い






冷却ユニット 冷却システムキット 半導体冷却装置 大型冷却器 冷凍器 放熱器 伝導モジュール ダブルファン



IoTシステム技術検定試験上級受験体験記

11/29/30にIoTシステム技術検定試験上級受けてきた・・・。



会場は禿げた白髪の50、60代くらいのおっさんが多かった。

詳しくは以下リンク参照されたし。

IoTシステム技術検定試験 上級

第二回の試験だったが、私にとっても二回目の試験だった。

論述式なので、理系の私には何を書いていいかわからないし、コンサルタントでもないので論文なんて難しかった。

とりあえず、時間いっぱい使い切って書いた。

疲れた。

結果は2020年1月3週目だそうだ。

IoTシステム技術検定の公式テキスト

現場の活用事例でわかる IoTシステム開発テクニック

新品価格
¥2,613から
(2021/2/17 22:26時点)




目次
第1章 IoT 概要
第2章 IoTシステムのコンピューティング技術
第3章 IoTデータ活用技術
第4章 IoT通信方式
第5章 IoTデバイス
第6章 IoTシステムのプロトタイピング開発
第7章 IoT情報セキュリティ
第8章 IoTシステムに関する保守・運用上の注意点

その他参考書
論文書くときに勉強になりそうな本のうち、自分が参考にした本を紹介する。

IoTシステム技術検定試験の論文書くのに参考になりそうな事例を踏まえてビジネス面から技術面までしっかり書いている本はかなりすくない。

なぜなら、IoT案件はほとんどが失敗しているから・・・。(笑)

自分が行っている会社含めて大概の会社でIoT案件=可視化を行って、満足してしまって終了だからだ。(笑)

自分が行っている会社も可視化画面とクラウドデータベースのプラットフォーム的なものを作っているがそれで満足してマスベ状態。

AIによる分析とエッジコンピュータやIoTデバイスに対して、フィードバックできない。終わっている。(笑)

私が今行っている会社での生活も、あといくつか資格を受けたら卒業しよう。(笑)

以下の本は私が30冊くらいIoT関係の本を読んだ中では一番試験対策に向いている本だった。

私の試験が受かったかどうかは別として。(笑)

結果は乞うご期待。

なお、IoTシステム技術検定上級の公式テキストは無い。

未来IT図解 これからのIoTビジネス

新品価格
¥1,650から
(2021/2/17 22:26時点)





今月はあと第3級陸上特殊無線技士と第3級アマチュア無線技士の試験が残っている。


やさしく学ぶ 第三級陸上特殊無線技士試験




第3級ハム国試 要点マスター2019 (HAM国家試験)




来月はドローン検定(無線航空技術者 2級)の試験がある。3級受かったのがわかって速攻申し込んだ。
テキストは現状この一択。

ドローンの教科書 上級テキスト - 無人航空従事者試験(ドローン検定)2級対応 改正航空法・小型無人機等飛行禁止法・完全対応版 (ドローン検定協会)






関連リンク


ついにMCPC IoTシステム技術検定試験上級合格した。

IoT関連のおすすめ本

AI・IoT時代の生き残れる資格試験は・・・

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

RaspberryPi3 ベースのPLC

Intel NCS2

どうやら、Raspberry Pi
Tinker Board
Odroid C2
Orange Pi PC
で動いているらしい。

RaspberryPi3で動くのは知っていたが。

では、Nano Pi 4 やRaspberryPi4ならUSB 3.0が搭載されているからより快適に動作するのではないかと思われる。
ちなみに、Odroid C2はUSB3.0が1ポート
あと、私が持っているPine64 Rock64 もUSB3.0を搭載している。

【国内正規代理店品】Raspberry Pi4 ModelB 8GB ラズベリーパイ4 技適対応品【RS・OKdo版】





I-O DATA Raspberry Pi メインボード Bluetooth(R) Wi-Fi対応モデル Raspberry Pi 3 model B 安心の1年間ハードウェア保証 UD-RP3





Intel Neural Compute Stick 2 - NCS 2 ニューラル ディープラーニング USB スティック



テーマ : Raspberry Pi
ジャンル : コンピュータ

ドローン検定3級受かって、さっそく2級申し込んだ。

ドローン検定3級受かって、さっそく2級申し込んだ。

簡単すぎて意味があるのかって感じだが、申請が必要なところで飛ばすのには持っていると少し手間が省けるとの事なので、受けてみる事にした。


残念ながらまだ、MAVIC mini は買っていない。

今月と来月は試験月間なのだ。(笑)

IoTシステム技術検定上級
第三級陸上特殊無線技士
第三アマチュア無線技士
とね。
この辺を取ったら晴れてMAVIC mini を買おうと思う。

1月はドローン検定2級だ。
あと、Microsoft Azureの試験 AZ-203を取らないと。

ドローンの教科書 上級テキスト - 無人航空従事者試験(ドローン検定)2級対応 改正航空法・小型無人機等飛行禁止法・完全対応版 (ドローン検定協会)










プロフィール

プロ転職家 窓外サラリーマン

Author:プロ転職家 窓外サラリーマン
エレキギターを始め約20年たちました、ギターやエフェクターへ1000万円以上つぎ込みたくさん失敗しました。最近は資格試験に熱中。37歳にしてこれまでの転職は3回、自称プロ転職家。

★現在東証一部上場企業勤務
通信キャリア傘下のSIerで働くIT・IoTエンジニア

★職歴
2007年:メーカー開発職(ハード・ソフト)
2014年:弱小企業SIer(医療機器ソフトウェア開発)
2015年:弱小企業(ハード・ソフト開発)
2017年:現職 一部上場企業SIer IoTエンジニア

★専門領域
ハード設計
組み込み系ソフト
Webアプリ
無線通信
制御
画像処理
医療機器
プリセールスからカスタマーサービス等々

★プログラミング言語
C/C++(最近やっていない)
C#(最近やっていない)
Python(小学生レベル)
RUST(興味があるが、一回挫折)
HTML+CSS(忘れた)


★取得資格
IoT検定制度委員会 IoT検定レベル1 (平成30年)
MCPC IoTシステム技術検定基礎(平成30年)
MCPC IoTシステム技術検定中級(平成30年)
MCPC IoTシステム技術検定上級(令和2年)
ドローン検定協会 無人航空従事者試験3級(令和元年)
第三級陸上特殊無線技士 (令和元年)
第三級アマチュア無線技士(令和2年)
MCPC IoTシステム技術検定上級(令和2年)
小型車両系建設機械特別教育修了(令和2年)
ドローン検定協会 無人航空従事者試験2級(令和2年)
第一級特殊無線技士(令和2年)
組み込み技術者試験クラス2 B判定(令和2年)

★今まで所有してきたエレキギター
Burny Les Paul type LG480
Fernandes Dragonfly
Fender USA Custom Shop American Delux Strat Candy Apple Red
Fender USA Lonestar Strat Candy Apple Red
Fender Japan Richie Kotzen TLR-RK
Gibson USA Les Paul Standard 50's neck
Gibson USA Les Paul Standard Double Cutaway
Ibanez RG
Music Man EVH model
Paul Reed Smith SC245
Squier Affinity Strat

★今まで所有してきたフォーク・フラメンコ・ガットギター
Conde Hermanos Felipe
Morris S-53
Morris S-102
Playtech Ele Gut
Yamaha Flamenco

★今まで所有してきたベース
Fender Japan JB62 Trans Blue Ash
Gibson USA Les Paul Standard Double Cutaway Bass
Squier Bronco Bass

★今まで所有してきたアンプ
Fernandes FA-10
Fernandes FA-20D
Fender Trad-10R
Marshall VS-30R
Marshall SL-5
Marshall Studio15

★今まで所有してきたエフェクター
Bogner Ecstasy Red
BOSS BD-2
BOSS DN-2
BOSS OD-1
BOSS OD-2
BOSS OD-3 ×2台
BOSS OS-2
BOSS PW-2
BOSS SD-1 ×4台
BOSS SD-2
DOD OverDrivePreamp/250 ×2台
DOD OverDrive/YJM308
Ex-pro 9V OverDrive
Ex-pro 30V OverDrive
HAO RUST Driver
Hughes&Kettner TUBEMAN Ⅱ
Ibanez TSMINI
KORG Nu:Tekt OD-K1×2台
ModTone DynoDrive
Marsahll Drive Master
Marsahll DRP-1×2台
MAXON OD808
MXR Micro Amp
MXR Wylde OverDrive
MXR Wylde OverDrive C/S
MXR GT-OD C/S
MXR CAE Line/Booster
Noah'sark Green 緑
Noah'sark Yellow 黄
Pharaoh Silver Jubilee
Xotic BB-Plus
Xotic BB-Preamp
Xotic BB-Preamp Andy Timmons
Xotic SL Drive
Xotic EP Booster
TC Electronic Spark Booster mini
TECH21 FLYRIG RK5

BOSS DS-1
BOSS DS-2
BOSS MD-2
BOSS MT-2
BOSS XT-2
DOD GRANGE
EWS BD-1 Brute Drive
ModTone SpeedBox
MONTREUX Retrovibe British Distortion
MXR Distortion plus ×2台
MXR Distortion plus old
Noah'sark Distortion M
Noah'sark Distortion B
PROCO RAT Ⅱ

Jim Dunlop Cry Baby
Jim Dunlop JHM9 JIMI HENDRIX CRY BABY MINI WAH
MXR MC404
MOOER Ana Echo
MXR Analog Chorus
MXR Analog Delay
TC Electronic CORONA Chorus mini
TC Electronic FLASHBACK Delay mini
Ibanez ADmini
Ibanez CSmini
Xotic SP Comp
BOSS GE-7
MAXON GE601
Fender micro EQ

★今まで所有してきたチューナー、スイッチングシステムなど
BOSS TU-12
PETERSON Strobo Clip
TC Electronic Polytune2
TC Electronic Polytune mini
CAJ IN AND OUT
CAJ AC/DC STATION Ver.3
Providence PEC-04

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム